前の記事 >>

施設外研修(千葉、栃木)  [ ]
 機械制御システム科2年生が、9月25日、26日の2日間、県外の機械系製造業の企業を訪問して研修を行いました。

 1日目は、千葉県船橋市にある株式会社森精機製作所千葉事業所を訪問しました。この事業所では、切削型工作機械の総合メーカーとして、複合加工機(マシニングセンタと旋盤を合わせたようなNC工作機械)の開発・製造を行っています。見学では、全体的な説明を伺った後、組立工場、サービスセンタ、加工工場を案内して頂きました。温度管理された工場で、大型の工作機械を加工や組立している現場を見て、学生は皆、大企業のレベルの高さに驚いていました。

  

 2日目は、栃木県宇都宮市にある株式会社ミツトヨ宇都宮事業所を訪問しました。この事業所では、精密測定機器の総合メーカーとして、三次元測定機やノギスなどの製造を行っています。見学では、全体的な説明を伺った後、ノギスの製造部門と三次元測定機の製造部門のほか、事業所内にある歴史館を案内して頂きました。ノギスやハイトゲージは、最新鋭の設備ラインで多くの工程が自動化されており、学生は高品質なものづくりを学んでいました。また、超大型の三次元測定機が精密に組立・検査される現場を興味深く見ていました。

   
| | 17:19 |
2級技能検定合格に向かって  [ ]
 現在、電気制御システム科2年生は、7月17日(木)に行われる技能五輪福島県大会へ向け、電気機器組立ての実習を積み重ねています。
 参加する職種及び選択科目は電気機器組立ての配電盤・制御盤組立て作業で、2年生21名全員が受検します。毎日、配電盤・制御盤へ器具及び制御シーケンス回路に沿った配線を4時間15分という制限時間内に完成出来るよう、作業効率向上を考慮しながら暑い中、合格に向け黙々と取り組んでいます。(なお、この大会で合格すると2級技能検定の実技試験が免除されます。)

配電盤・制御盤組立の様子


| | 10:53 |
技能五輪へ向かって    [ ]
 現在、機械制御システム科2年生は、7月9日に行われる技能五輪福島県大会へ向け、機械加工の実習を積み重ねています。
 参加する職種は機械加工職種で、2年生20名は全員、普通旋盤作業かフライス盤作業かのどちらかを選択しています。旋盤とフライス盤とで別々の実習場に分かれ、毎日、工作機械の唸る騒音と上昇する気温の中、切削油や鉄の切りこにまみれながら、合格に向けて、黙々と課題に取り組んでいます。(なお、この大会で合格すると2級技能検定の実技試験が免除されます。)

普通旋盤作業の実習の様子
 

フライス盤作業の実習の様子
 
| | 12:46 |
機械制御システム科2年生 施設外研修  [ ]
平成19年11月14日(水)〜16日(金)に、静岡県・神奈川県方面に施設外研修に行ってきました。
見学・研修先は以下のとおり。
 1日目 東芝機械株式会社(静岡県沼津市)
 2日目 技能五輪国際大会(静岡県沼津市)
 3日目 株式会社アマダ (神奈川県伊勢原市)

我がクラスは、全員が「晴れ男」の様で、3日間とも天候に恵まれ、旅慣れた添乗員も「ここまでのは初めて」と言うような富士山の眺望を堪能しながらの研修となりました。


●東芝機械株式会社


 この会社は、射出成形機やダイカストマシン等を製造する企業で、この分野では世界トップクラスです。
 他の企業から部品を買い集め、組み立てて自社ブランドとして販売する企業が多い中、こちらでは鋳造工程から自社内で行うなど、自社及び自社グループ内からの調達率を高めることで品質の向上・確保をしているとのことでした。
 また、敷地内には汎用工作機械等を製造するグループ会社の「東芝機械マシナリー株式会社」もあり、日頃実習場で操作している機械とは比べ物にならない大きな機械が数多く並んでおり、その規模に圧倒されました。

*射出成形機:プラスチックなどを溶かして金型に流し込み成型する装置
*ダイカストマシン:アルミなどの非鉄金属を溶かして金型に流し込み成型する装置

東芝機械株式会社の詳細については、下記ページを参照して下さい。

http://toshiba-machie.co.jp

●技能五輪国際大会

 技能五輪国際大会は青年技能者が国際的に技能を競うことにより、参加国の職業訓練及び技能の水準の向上を図ることを目的とした大会です。公開競技も含め48職種でその腕を競いました。
 日本での開催は22年ぶりで、同世代の若者の技術・技能レベルを直接確認できるまたとないチャンスなので、機械系職種を中心に大会の様子を見学してきました。

ポリメカニクス

日本人が過去5大会連続して金メダルを獲得しており、旋盤やフライス等で金属を削りだし、装置を組み立てる機械の総合的な力を試される種目で、多くの観客の注目を集めていました。各工作機械を操る手さばきは、さすがでした。

抜き型

プラスチック部品を製造するために必要な金型を、設計し加工・組み立てる種目です。金属だけでなくプラスチックなどの性質を見極め、熱による伸び縮みを計算に入れて金型を設計しなければならない奥の深い競技です。

その他、将来自分たちが企業の第一線で働く姿とダブらせながら、各競技を観戦してきました。

●株式会社アマダ



この会社は、プレス機械やレーザー切断機などで、トップを走っている企業です。
今回は同社のソリューションセンターと言う展示場を中心とした見学となりました。まず驚いたのはその規模です。広大なホールに数え切れない程の各種プレス機や切断機等をそれぞれの特徴を活かしたデモンストレーションを行っており、世界最先端の技術を解説していました。顧客に対し単に機械を売るのではなく、生産システム全体を提案し一緒に考えていく姿勢を教わりました。

株式会社アマダの詳細については、下記ページを参照して下さい。

http://www.amada.co.jp/

今回の研修では、世界トップクラスの自分たちと同世代の若者の姿や、各企業における最新の技術・技能を直接見ることができ、企業人としてあるべき姿も考えることができて、とても有意義なものでした。
| | 17:36 |
工場見学  [ ]
 機械制御システム科1年生は、11月27日(火)に県内の異業種製造業3社の工場を見学し、最新のものづくり現場について見聞を深めました。

○株式会社山王 東北第二工場(http://www.sanno.co.jp/

 今年4月に完成した第二工場を見学しました。高速精密自動プレス機でコンタクト・コネクタをスタンピングする工程や金型の製作・メンテナンスを行う工程などを説明していただき、高品質な製品づくりの核となる部分に触れることができました。

○冨士ダイス株式会社 郡山製造所(http://www.fujidie.co.jp/

 昨年4月に完成した郡山製造所を見学しました。超硬耐摩耗工具のトップメーカとして、最高水準の製品づくりを行う現場を説明していただきました。社員の方々の優れた技術力と、最新の製造設備が融合した生産システムに、学生は圧倒されていました。

○株式会社ミウラ(http://miura1.co.jp/

 ミウラ式一貫生産として、設計から木型、金型の製作、鋳造、加工、ASSYまで一貫して請け負い、全ての作業を自社工場の中で行っていました。最新の3次元CAD/CAMによる設計・加工工程やアルミの鋳造工程など、授業の実習では体験できない内容を見せていただき、学生は興味深く説明を聞いていました。

| | 09:24 |
施設外研修 (CEATEC JAPAN 2007見学)  [ ]
電気制御システム科1年は10月6日(土)に千葉市の幕張メッセにおいてアジア地域最大の
エレクトロニクスショーであるCEATEC JAPAN 2007 を見学しました。
当日は、晴天に恵まれ、会場はたくさんの見学者でにぎわっていました。
通信・情報・映像分野におけるアジア最大の情報発信・交流メディアの場
であるCEATEC JAPAN 2007を見学し、最新の技術・製品・システム・ソフトに触れ、IT・エレクト
ロニクス産業の現状を把握し、今回の研修目的としては十分達成することができました。


(幕張メッセ前にて)

展示会場は、電子部品等のブースとデジタル家電や携帯電話等のブースに分かれており、それ
ぞれ電子部品や電気機器に触れ最新技術を見学しました。


SONYブース(世界初有機ELテレビ)


村田製作所ブース(環境性能対応部品)

| | 10:42 |
第一種電気工事士(筆記試験)受験対策を行っています。  [ ]
電気制御システム科の1年生は、9月30日(日)に実施される第一種電気工事士試験の筆記試験合格に向けて、ただいま特訓中です。
第一種電気工事士試験は、500kW以下の自家用電気工作物(法律用語なので難しいですが、建物のことです。)の電気工事ができる国家試験です。将来、電気工事会社に就くときに、必ず必要な国家資格の1つです。
上記の自家用とは、学校や病院、工場など大きな建物のことです。私たちが住んでいる家屋は、一般用電気工作物といっています。
この国家試験は、筆記試験と実技試験に分かれており、全ての試験に合格すると合格証明書が発行されます。
この試験に合格した後、所定の実務経験を経て、第一種電気工事士の免状を取得できます。




今日は、変圧器の講習です。黒板の計算式をはやく書きとろう!

第一種電気工事士試験に合格するためには、初めに、この筆記試験に合格しなければならないため、1年生全員が一生懸命頑張っています。
| | 18:00 |
技能検定試験(電気機器組立て職種)を受検しました。  [ ]
電気制御システム科の2年生は、7月12日(木)に2級技能検定試験(電気機器組立て職種)を受検しました。
電気機器組立て職種には、4つの組立て作業があり、受検の申込み時に4つの中から1つの作業を選びます。
2年生は、授業の内容により配電盤・制御盤組立て作業を選択しました。
他の組立て作業は、内容が全く異なるので選択しません。
配電盤・制御盤組立て作業の試験科目は、組立て配線作業と配線点検作業の2つです。制限時間のある中、全員合格を目指し真剣な表情で検定試験に臨みました。

完成品です!

組立て配線作業 (おもて側)          (うら側)


おもて側の器具取付けとうら側の配線を 4時15分間で仕上げます。



配線をまちがえないようにネジ止めします。



時間を気にしながら器具を取り付けます。



検定試験の結果は、10月上旬に各受検者に郵送される予定です。
| | 17:50 |
精密測定装置による測定実験  [ ]
機械制御システム科には、真円度測定器、ビッカース硬さ試験器、平面粗さ測定器、工具顕微鏡、測定投影機等の精密測定装置があります。
2年生は今回、真円度測定器とビッカース硬さ試験器による測定実験を行いました。

真円度測定器は、本来丸い物がどれだけ歪み無く丸くなっているかを測定するものです。
今回は、旋盤での加工時に製品を強く締めすぎた場合の歪みを測定しました。


    真円度測定器                          測定結果

ビッカース硬さ試験器は、一定の力で被測定物に傷を付けて、その傷の大きさから硬さを求める装置です。
今回は、鉄やアルミ等の熱処理による硬さの変化を測定しました。


    ビッカース硬さ試験器
| | 10:35 |
授業紹介【ネットワーク実習】 (情報制御システム科)  [ ]

科目名:ネットワーク実習(担当:水上講師)



ネットワーク実習」では、ネットワーク構築に関する技術の習得を目的として授業を進めています。
OS(Linux)のインストール、サーバソフトウエアのインストール及び設定などを通して、ネットワーク構築の技術や知識を習得します。
授業においては、一人一台ずつのデスクトップパソコンを使用します。
まずは、パソコンの分解組み立てを行い、パソコンの構造を理解する段階です。
慣れない作業であり初めは戸惑っていましたが、普段目にすることの少ないパソコン内部の構造に興味深く見入っていました。
今後、OSのインストールをはじめ、各種設定を進めていくことになります。




| | 14:16 |
TOP PAGE

  
NEW ENTRIES
RANKING
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
TOP PAGE