<< 次の記事
前の記事 >>

【開発レポート:その1】 極秘計画始動!  [ 組込技術工学科 ]
これ、何だかわかりますか?
一円玉の横にある3つのゴミみたいなモノ。。。




一番上の四角い黒いモノは「加速度センサ」です。大きさは一辺わずか2mmしかありません。

その右下の白いモノは「高輝度白色LED」です。ごく小さな電流で明るく光ります。

そして左側の黒いモノ。それは「マイクロコンピュータ(マイコン)」です。
この米粒より小さなモノにはプログラムを処理するプロセッサやメモリ、入出力回路などが入っていて、基本的なコンピュータの機能を備えています。



ルーペで拡大してみました。

上段の二つの画像は加速度センサの表と裏です。
裏側の配線用の端子の大きさは、なんと一辺わずか0.2mm、隣の端子との間隔は0.15mmです。 (゜o゜;;

下段左側がマイコン、右側は白色LEDです。
このマイコンには配線用の端子が6つしかありません。電源をつないだら残りの端子はたった4つ。でも今回の目的にはなんとか間に合います。

中心となるデバイスはこの3つ。
さあ、これから何が始まるのか?!

続報にご期待ください。m(__)m

 
| 組込技術工学科 | 15:56 |
TOP PAGE

  
NEW ENTRIES
RANKING
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
TOP PAGE